●●●
○○○
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/3 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> ミニベロ ジャイアント >> ミニベロ ジャイアント

ミニベロ ジャイアント


GIANTといえば1972年創立の台湾の自転車メーカー。今や自転車業界のトップを走る文字通りジャイアントなメーカーです。廉価機種に強みを持っているイメージですが、このメーカーのミニベロはなかなか渋いです。ワタシ的には非常に食指が動くような機種揃いです。

まずなんといってもIDIOM(イディオム)が有名ですね。価格は6万円から十数万円というところでしょうか。中でもGIANT IDIOM 0(イディオム 0)はマットブラックでペイントされていて外見は少なくともなかなかの出来だと思います。

フラッグシップ機種としてはMR4があります。IDIOM(イディオム)よりも若干高めの12万〜17万くらいの価格帯で構成されています。可変式のエアサスペンションが組み込まれた独特のフレームが特徴です。私は
IDIOM(イディオム)よりもこちらのデザインの方が数倍気に入っています。日本の独自設計であることも特徴です。こちらにもありますよマットブラックが。いいです。いい感じです。

・・・と
以上2機種がジャイアントのミニベロの主力なんですが、実はこの2機種とも折りたたまます!!ここがすごいところです!わたしがジャイアントのミニベロが好きなところです。重さも10毀にですかららくらく輪行できますね。お値段は若干重いですがね。

・・・付け足しで
ジャイアントのミニベロにはさらに下位の機種もあります。
AMICAと呼ばれている機種で価格帯は5万円前後。女性のために開発されたミニベロという謳い文句です。もちろん170センチ以下の小柄な男性もOK。通勤向けですね。こちらは残念ながら折りたためません。





 
minivelovelo | comments(0) | - | pookmark | category:ミニベロ ジャイアント
Home >> ブルーノ ミニベロ >> ブルーノ ミニベロ

ブルーノ ミニベロ


ブルーノはスイスの自転車メーカーです。スイスといえば軍隊の自転車部隊が有名ですが、そんな国が作るミニベロが平凡なものになるはずがありません。走行性能も素晴らしい物がありますが、他のメーカーと違うあるシリーズを設定しているところが粋なところです。


そのシリーズ、名前をBlack Edition シリーズといいます。その名のとおり、黒ずくめの自転車シリーズです。そのBlack Edition シリーズの中でミニベロが二台あります。 BRUNO MINIVELO FLAT black edition と BRUNO MINIVELO MIXTE black edition です。両者ともカラーはマットブラックとディープブルー、私見としてはぜひマットブラックで乗って欲しいです。


値段は張るんでしょ?いえいえ5万円そこそこで買えるのです。ただし油分の汚れが目立ちますので、かんたんマイペットで油分を拭きとっていつも“マッドマッド”で乗ってください。


【楽天市場で「ブルーノ ミニベロ ブラック」で検索する










 
minivelovelo | comments(0) | - | pookmark | category:ブルーノ ミニベロ
Home >> ミニベロ ブリヂストン >> ミニベロ ブリヂストン

ミニベロ ブリヂストン


日本の自転車ってすごいのはみなさんご存知ですよね。自転車部品のシマノの技術力は世界に轟いております。そしてなんと(知っている人は知っていますが)ミニベロの発明者生みの親アレックス・モールトンが自身が、ライセンスを供与したのがブリジストンなのですよ。そうそうアレックス・モールトンはあのイギリスの名車ミニ(旧ミニね)のサスペンション(ラバー・コーン・サスペンション)を設計した人でもあります。


そのアレックス・モールトンの考案したミニベロメーカーがかの有名な、そしてミニベロ界に君臨するアレックス・モールトン社なのですよ。・・・で(話はややこしいですが)、そのブリジストンが作るモールトン第1世代デザインのミニベロが、「ブリジストン・モールトン」なのです。タイヤは17インチ。クラッシックなデザインがホントにいいです。そしてなんと折りたたみ式でなく、分割式(この方が小さくできる)。そしてフロントにはサスペンションがついています。そうラバーのね。そして当然モールトンの名に恥じない高級車です。一生もののミニベロです。・・・あっと、ブリジストンのミニベロってこれだけじゃないですからね。これは一番いいやつ。またのちほどもっとお手頃なのも挙げていきます。


えーっとそれから日本の自転車が一番すごかったのは実は1990年代辺りです。その後ママチャリと電動自転車というガラパゴス路線に、安楽に舵をとってしまってからは、世界のレベルから遠く置いて行かれています。内需の事ばかり考えて、世界に受ける自転車を視野に入れなかったつけは大きなものでした。今では完全に台湾のGIANTに水をあけられました。しかし技術力が確か。やがてまた世界の人々から賞賛の声が聞こえてくる日もあるかもしれません。ほんとサビシイ。








 
minivelovelo | comments(0) | - | pookmark | category:ミニベロ ブリヂストン

Category

Entry

Link

おすすめ

ランキング

ブログランキング

ブログランキング【ブログの惑星】

とれまがブログランキング

  • SEOブログパーツ

Archives

Feed

Sponsored Links

Recommend

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
>